読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住めば都

気が向いたら、好きな俳優、観劇記録や日常ごとを独断と偏見に満ちた表現で書き散らかしています。思考が合わないかたはごめんなさい。

マクベス@パルコ劇場 7月19日(日)夜

佐々木蔵之介さんが1人で20役もおやりになるマクベス。他は女医と看護師役しかでない。

マクベス | PARCO STAGE

行ってきました。

マクベス、あらすじはわかるのですが、なんというか蔵之介さんの熱演を見守る舞台でした。

ダンカン王を弑するところ。マクベス夫人がその王の命の奪った剣に触れてしまう。

手に付いたその血が消えないと錯乱し、あげく狂死するところ。

マクダフ夫人とその息子の命を奪うところ。

動きもある浄瑠璃や落語や講談だと思えばいいのでしょうけどね。

日本人にもっとおなじみの話(忠臣蔵とかね)ならすっと入ってくるのかな、

わたしには正直ハードルが高かった。

狂人が演じる設定なので、どこで集中し弛緩すればいいのか、が観客に委ねられ過ぎていて疲れたのでした。

ずーっと集中するには115分は少し長いの。

もう一度観にいくので、少し心構えが違うしまた感想も変わると思います。