読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住めば都

気が向いたら、好きな俳優、観劇記録や日常ごとを独断と偏見に満ちた表現で書き散らかしています。思考が合わないかたはごめんなさい。

ダウントン・アビー

第1シリーズ観て、第2シリーズに入ったところ。わたしにとって時代劇を観る各国共通の楽しさは、風俗あれこれが出てくるところです。住居のつくり、調度品、入浴のしかた、食事やお茶の作法、ファッション、貞操観。

ドラマ冒頭の1912年当時は、男子限子相続という男性しか資産を受け継げない時代。男子が生まれない家は大問題。アメリカの大富豪の娘である奥様の持参金は、一度夫の財産に組み込まれてしまうと、ほぼ他人の又従兄弟の子のものになるという仕組みだとか、面白いよ、ひえぇ。
階級別の生活と恋愛事情とお悩みがストレートにそれも多少の策略を交えてエレガントに表現されている。策略にいきすぎなく、ひとの真実味が時折きちんと感じられるのがよいよ。