読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住めば都

気が向いたら、好きな俳優、観劇記録や日常ごとを独断と偏見に満ちた表現で書き散らかしています。思考が合わないかたはごめんなさい。

御手洗さん

光一さんドラマ出演!
いつもは原作は読まない派なのですが、原作ファンのみなさんのステマとは一線を画した熱い呟きと島田先生の光一さんに対する第一印象を書いた文章が楽しい思案の種となりました。感謝の気持ちと、単純にミステリ好きな自分もいるので原作先に読んでいます。
☆傘を折る女
これ、どうやって映像化するのかしら。回想シーンが多いのか。あと、殺人シーン映像化して楽しいのか?という根本的な疑問もあります。
原作の良し悪しではなく、微に入り細に入りそこを描く必要はないかな、と。
こう考えると、名探偵御手洗潔が推理を披露する「石岡くんとの会話劇」に力点を置く作り方になるのか。二人がずっと同じ調子でやりとりすると飽きるのよね。これは、昨年観に行った若村麻由美さんの二人舞台「ブレス・オブ・ライフ」がそうだった。上手さはある二人だったのに、二人だけで会話のテンポが一定だと難しい。自問自答みたいになるから、緩急のつけ方は工夫の余地があって、ここがバディものの見せ場だと思う。
それから、島田先生が脚本にも口を出しておいでで御手洗さんには玉木宏さんをと希望されたのはいいとして、光一さんが石岡くんに選ばれた理由は明かされるのかしら。主役の御手洗さんに選んでほしかったのではなく、石岡くんがよいのではという理由。昨年の剛さんのプラトニックのように、実は剛さんめがけた脚本というわけではないから、教えて貰って期待したい。
まぁ、素直に知名度による話題性と容姿なのでしょうかね…。剛さん同様光一さんのドラマリアルタイムで観ていないから、私にはあの光一さんが剛さん以外のひとと演じるバディものなんて、楽しみしかないのだ!!
さらに島田先生、まだ初回が放送されてもいないのに次回作があるような期待を持たせています。光一さんが昨年J-webで新しいソロお仕事の話を書いていましたが、ぼんやりこれのことなのかなぁと感じていますよ…。