読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住めば都

気が向いたら、好きな俳優、観劇記録や日常ごとを独断と偏見に満ちた表現で書き散らかしています。思考が合わないかたはごめんなさい。

ブエノスアイレス午前零時@新国立劇場 12月13日(土)夜

通常の私の観劇予定は12年以降、主に内野さん、光一さん、佐々木蔵之介さん、文楽や歌舞伎というようなローテーションできました。この順番は誰に比重を置くということではありません、皆舞台を勢力的にやってくれる。35オーバー働き盛りのお年頃。佐々木蔵之介さんなどは、舞台にお客様を連れてくるためにテレビや映画仕事をやってくれているかのようです。ここで、ジャニーズであるところの光一さんがさらっと入ってきたのが近年自分でも不思議。これもKinKi Kidsにはまったからだとは思います。ただ歌や曲やKinKiコンに魅了されるのと舞台(Endless SHOCK)を見続けるというのは私の中では連動しないものですから、今の所流れに身をまかせているとしか言えない。せっかくファンクラブに入ったのだから SHOCKを観てみようかしらとふと思ってから、如何せん新規の人用の席が近すぎて(とりあえず生の光一さんを近くで見せておけ、という感じ)聴こえる音が厳しい状態にも関わらず、1週間熱に浮かされたようになっていましたしね。ただ正直ライバル役が2013年から屋良さんでなければ見続けていないとは言える。好きな人だけ見ていれば幸せではないのだ。

さて、ここで森田剛さんです。今日の舞台はタイトルから森田さんがタンゴを踊るだろうという安易な思いつきでとりあえずチケット購入を決めています。観劇友はともかく、森田さんのお芝居を観るのも初めてですが今までの好評ぶりを聞くにつけ、期待しかない。

ここまでは、観る前に書いた部分。

パルコ劇場プロデュース公演なので、本当に新国立は場所を貸しただけという雰囲気。わかるけど面白いね。ファンクラブに入っていないので(たぶん)前の列ではなく、1階席後ろのほう。中劇場だいぶ間があいて今年に入ってよく行くようになったのですが、帝劇クラスの収容人数なのかな。近いほうよね。過去(ブエノスアイレス)と現在(新潟と長野の県境?)を行ったり来たりする展開で、装置と演出がわかりやすくすんなり観られる。正直、もう少し森田さんに踊ってほしかった。まぁダンスはお芝居の流れでのことなので、ニコラスが踊りゃいいって訳ではないのでわかるのですが…。私の期待の表れってことです…。過去と現在のミツコと3人でタンゴを踊るところが最高潮。そこで終わってもいいくらい。あと森田さん、女になじられるのがいいねぇ。なんというか女になじられて、それをさらっとあしらい自分の思う場所(観念的に、その他もろもろ)に女を連れて行くあたりがとても巧くて似合って困るよ…。