読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住めば都

気が向いたら、好きな俳優、観劇記録や日常ごとを独断と偏見に満ちた表現で書き散らかしています。思考が合わないかたはごめんなさい。

最初と最後

初日と千秋楽と置き換えてもあまり変わらない気もします。

何故そこにこだわるのでしょう、とふと。うん、初日と千秋楽、SHOCKはまず当たらないでしょうね…。

観る方はともかく、演じる方も何か特別なのかしら。

特別な高揚感があるのかしら。それって、どこの国の人もそうなのかしら。

無事に幕が開きましたね、無事に幕がおろせますね、という主催者側内々でのおめでたい意味はわかります。「おめでとうございます」と言いますものね。

生身の人間がやっている以上、アクシデントはつきものですし…。いやですけれどー。

 
一般の演劇や文楽や歌舞伎でも、事情がない限り初日はできるだけ避けています。
まあ、初日が平日の昼間だと行きづらいのが会社員ってものです。
以前その日しか行けない演劇に出ている俳優に興味があり、チケットを取って行きました。
残念ながら初日だからと、観にいったこちら側が演じる側、主催者の事情を斟酌しないといけないの?と疑問形が離れないその俳優の仕上がり具合だったのです。
 初日から千秋楽まで、ある一定以上のレベルのものを見せるのがまねーを貰うということではでは…?
 
それが難しい事情があるなら、初日はチケット代安くしてもいいのよ。脚本があがってこないとか。
プレ公演ってありますよね。ああいう感じかしら。千秋楽は特別な演出を考えたりしているのなら、逆に高くしてもいいのよ、と。
そこらへんの伸び縮みはまだあまり考えられていないのか、単に私が知らないだけなのかとも思います。
 
「最初と最後」に戻りますが、今国立競技場でのコンサート開催がどのグループが最後になるかでとても盛り上がっているようです。私には理解不能な感覚ですが、宣伝以外になにがあるのかな。観る側も、何かの最後になりたいのかしら。。その願望を託している??