読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住めば都

気が向いたら、好きな俳優、観劇記録や日常ごとを独断と偏見に満ちた表現で書き散らかしています。思考が合わないかたはごめんなさい。

光一さんの歌声について

わたしは、音程が安定しないひとの歌は苦手だけれど、1人例外がいる。それが堂本光一さんです。

はっきり言い過ぎですけれど、そりゃ音程が安定しているのは、きんきで言えば剛さんですよ。

聴く側として、歌が上手いということは、音程が取れるということなんだと思っていた時期もあります。

なんというか、音をコントロールできる、して歌えるひと、かな。と思っていた。

 

若いころの歌は、特にデビュー当時は剛さんが安定した艶のある音で歌ってくれるから、光一さんがあんなに不安定でも聴けたと思う。

彼らがシングルを出していくリアルタイムでしっかり聴いていなくて、あとからファンになって遡って聴いたから、というのもあるけどね。若いころの細い声の揺らぎは、若いからこその魅力とも言える。

 

デビューからそろそろ20年間たつ間に、光一さんはとても歌が上手くなったと思うようになりました。

そして果たして、歌が上手い、って何?と思うようにも、なったのよね。

ファンになりたての2011年の終わり頃は、まだ光一さん、いつも出たとこ勝負で歌っているなぁという印象だった。

剛さんが高値安定90点だとすると、光一さんは良かったらとてもいいんだけど、ん?という日もある。生で歌うからテレビの前で緊張して、力入って観ちゃう。

75点だったり、120点だったりする。

ただ、いい時はとても喉が開いて、低くても高くても良い声で聴いているこちらにずしんと響く。

歌声を完全にはコントロールできない故の魅力と言ったら贔屓の引き倒し、になるのかな。

本人が夢中で歌っているからこそ、の歌声の変化と魅力が存在する。

無意識の力という気もする。自分が決して上手く歌えないとわかっているから、努力するし、限界を設けないから思いがけない声が出る時がある。

まだ声自体は、より良い発声の仕方を模索している感じだけど、前より太い声が出るようになってきた。まだ伸びるね。

これで、本人が持った資質と才能と努力を兼ね備えた変幻自在な剛さんと歌えば、奇跡のデュオに決まっているわよねぇ。

まぁ、苦手な音域ってどうしてもあると思うので、2人とも魅力溢れる声を上手くいかして早く20周年ライブで歌ってほしい。