読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住めば都

気が向いたら、好きな俳優、観劇記録や日常ごとを独断と偏見に満ちた表現で書き散らかしています。思考が合わないかたはごめんなさい。

ことばより大切なもの

 私には姉が1人おりまして、ピアノに子どもの頃触れ、ブラスバンドのトランペットに魅せられ、高校大学と学生オケでトランペット吹き就職して今に至ります。大学以外のアマチュアオケに入ったことはありませんので、どこにでもいるライトなクラシックファンです。

 過去音程についていつも考えて音楽に接してきたひとが、私がKinKi Kidsにはまったことをきっかけに一緒に彼らの曲を聴きコンサートに行くようになりました。デビュー当時のKinKi Kidsをリアルタイムで知っている世代でしたら、歌声に限っての話では、ま、そりゃ剛さんにまず惹かれますわねー。御多分に洩れず、姉もそうです。音程(ピッチ?)に厳しいひとなので歌声は剛さんが好きと、よくわかりませんが今も何度も言うのでそうなのでしょう。。私に言っているのではなく、自分に言い聞かせているのかしら。
 これはワレワレ姉妹だけの傾向ですが、歌詞どうでもいいんです。作詞家の皆さんごめんなさい。ことばより大切なものがあるのです。メロディー、音(歌声)優先なんです。イントロのギターリフやベース音の聴かせどころ?が好きだったり…。どういう歌詞かよりどういう音が耳に届くかが大事。これはクラシックに思春期にのめりこんで(私は親しむ程度)いたからというのはあります。父は高橋真梨子玉置浩二が好きでしたが、歌謡曲やJ−POPをさほど熱心に聴く家庭ではなかったです。姉がクラシックを聴いていれば一つ屋根の下ですから耳に入ってくるといったような環境。
 新曲を聴く時まず気にするのは、好みのメロディーラインかどうかです。哀愁漂うメロディラインが好きなので、今回の鍵のない箱ですと、通常盤カップリング「blue new moon」がお気に入りだそう。
 

 

鍵のない箱 【通常盤】

鍵のない箱 【通常盤】

 

 

あと歌声がデジタル加工処理されすぎるのを極端にいやがります(他のグループの話)。基本生思考なので、歌声が聴きたいのになにするんじゃぼけっというわけで…。いまの流行に真っ向から反対の立場ですねぇ。私は声質によっては加工してもいいかなとも思うので、人それぞれかしらと。PCでダウンロード、再生できるなど、デジタルのいいところは享受していますし…。他のKinKi Kids曲だと、スワンソングのカップリング「面影」が好きすぎて、再生回数は300回近いです。
 姉は私よりさらに歌詩を聞き取ろうとする気がなく、残念ながらこの時のこの歌詩がという話はだいたい成立しません。老眼がすすんで歌詩カードを見るのもつらそうです。。
 現在CDを買ってPCに落としたあと流す曲の決定権があるのは私(家庭内実力者!)なので、実際にうちの日常で姉のために掛けているのは、あらし(リーダーソロ)、KinKi Kidsか光一さんソロです。主に「KinKi Kids」の剛さんの歌声と光一さんが作る曲、選ぶ曲が好きみたいです。
 剛さんソロの歌声は艶やかで意志が溢れていて、姉妹ともに日常的には受け止めきれないので、時にまとめて聴いておりまする…。剛さんおぱんつCDの曲いいよ!私は「恋にも愛にも染まるような赤」、姉は「FUNKY PANTIES」が特に気に入っておりますが、これは通販限定だったのがとても残念。