読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住めば都

気が向いたら、好きな俳優、観劇記録や日常ごとを独断と偏見に満ちた表現で書き散らかしています。思考が合わないかたはごめんなさい。

「鑑定士と顔のない依頼人」

観てきました。最近は、レディースデイだと1000円だし、できるだけスクリーンで映画を観ようと思う。

ただ、監督がどーだとか、音楽がなんだとかさっぱり。

パンフレットにより「ニューシネマパラダイス」の監督と音楽だとわかる。

オークショニアが主人公のミステリ仕立てなので、観たあとなのにあまり具体的な種明かしをしたくない。言えるのは、ひとは何か無くしたと思っても引き換えに何かを得ている、ということかな。本人のとらえ方次第ですが…。

DVDのレンタルというのが激しく「よだきい」(大分弁でめんどくさい、つかれた)と思う人種なので、もう1度観るかと言われると困る。

ただ、1度観たらもう1度観たくなる話だとは断言できます。

役者は粒揃いだし、ミステリ好きなひとにはおすすめ!