読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住めば都

気が向いたら、好きな俳優、観劇記録や日常ごとを独断と偏見に満ちた表現で書き散らかしています。思考が合わないかたはごめんなさい。

ショコラティエ 第8回

だんだんうっかりリアルタイムで見そうになる。そして可笑しくて笑いが止まらない…。

締まりがないドラマであることは百も承知でございます。それにしても、唖然呆然ある意味圧巻の回。

ショコラティエサエコさんは、頭のねじが2、3本飛んでるのね。

具体的に行動しない薫子さんは、別に行動しなくていいけれど、いろいろ考えている自分を責めることはないのに。行動しないことが悪ではないよ、そういう恋愛の仕方なのでしょう。ソータのこと好きな時点で、サエコさんと気持ちだけは同じ土俵にはあがっていると思うよ。

それにしても、石原さとみさんがいいねぇ。

あの人が本来持っている潔さがにじみ出るせりふ回しと、外見のふわふわ感とのコラボレーションが見事で、普通ならありえない女性にも好かれるキャラクター造形になっている。

名前をつけると、つけたことで対象物の概念を限定してしまう。と言って「せふれ」のことをオリヴィエが話していましたが、それが名前ということで、人の語彙に飲み込まれなければいいのよ。

そこは、やはりショコラティエはエレナさんを「彼女」としなかっただけでしょう。

エレナさんよりもサエコさんが今は一歩リードしたというだけ。

さぁ、薫子さんも泥沼に参戦すればいいのにね。このままだとモノローグに終始よ…。これ、21時放送でいいのかなぁ。。

そして、関谷君(カトシゲ)は出ない。。2回に1回の出演割合。来週に期待!