読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住めば都

気が向いたら、好きな俳優、観劇記録や日常ごとを独断と偏見に満ちた表現で書き散らかしています。思考が合わないかたはごめんなさい。

危険な関係(中国映画 2012)

危険な関係を観ました。中国映画を劇場公開で観たのはレッドクリフ以来です。

洋画(邦画以外という意味で)を、比較的観ないほうです。

E.◎.←点はいるのよね?観ていませんし、スター・◎○ーズも。

そう、SFには興味がわかないのです。はぁ、洋画はSFだけではないですよねー。わかってます。

ざっくり大掛かりなものに、あまり関心がないほうかもしれません。

 

タイトルであらすじがわかる人は、原作がフランス人が書いたものだと知っているのかな。

私はタイトルしか知らなくて、チャン・ドンゴンとチャン・ツイィーだから観てみようと思ったミーハーです。

そして、ホ・ジノ監督「四月の雪」はテレビ放送されているのを観て、印象がよかったというのが決めてでありました。

 舞台は魔都上海。年代設定は気にしてもしなくてもいいでしょう。日中戦争開戦前後かしら。

女性実業家、貞淑な未亡人、裕福な遊び人の三角関係メロドラマです。いつの時代も同じ問題で登場人物が思い悩み、一筋縄でいかないのが名作の条件なのかしら。

セットや小物、衣装にいたるまで豪華で、当時の裕福な階級の風俗がとても想像しやすい作り。

クライマックスでチャン・ドンゴンの情けない、でも愛に触れた気がする、という表情が鏡に映る演出がとても好きでした。

そう、鏡が三者三様、重要なシーンに使われていました。三人の鏡に映った自分の顔を見つめる表情。気づいても認めたくない自分の気持ち。

ミス・モーの寝室の天井に大きなタイル状に嵌め込まれた鏡が淫靡でしたね。

映画が上映される前にラッシュの予告が流れました。二人もちらりと映ったくらいで結構あっさり。上映館かどうかでも違うのでしょうね。そろそろだし、行く日を決めなければ!