読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住めば都

気が向いたら、好きな俳優、観劇記録や日常ごとを独断と偏見に満ちた表現で書き散らかしています。思考が合わないかたはごめんなさい。

映倫の区分 PG12 について

つれづれ 映画

以前に二宮さんが「GANTZ 」と「GANTZ PERFECT ANSWER」で主演した時に初めて

映画倫理委員会(映倫) | 映倫の区分の「PG12」に該当するということでニュース番組「ZERO」でも取り上げられ、私もそれでこの区分を知りました。

映画は、この4つのうちのどれかに審査の上振り分けられているということなのですね。「GANTZ」は、私は原作未読ですが映像化するにあたり、物語上残酷なシーンを避けて通れないため「PG12」設定となったのでしょう。アイドルの二宮さんが出演するため、小学生も観にいくことが多いだろうと事前に話題になったようでした。