読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住めば都

気が向いたら、好きな俳優、観劇記録や日常ごとを独断と偏見に満ちた表現で書き散らかしています。思考が合わないかたはごめんなさい。

台詞と科白

日本経済新聞に載っていた記事で、別役実さんがお話になった事メモ

 

台詞 俳優が舞台で劇中の人物として言う言葉(新明解国語辞典より)

科白 台詞から一歩進み、身体をくぐらせてきたもののように、手触りのあるものに変質している、しぐさが加わったもの

 

台詞→科白へ

 

 せりふを言い終わってからたばこを吸うのではなく、そのせりふの途中で、せりふを割って、吸う のを意識的にやるのは最初は難しいそうです。そこには、ただ言葉を発する以上のものが付随してきますよね、それが科白と。

 科白は、お客さん、人々と共有し共鳴されないといけない、と。今は、その科白が持つ体験感が失われ、俳優が発する科白は「台詞」のままで止まっているのではないか、という危惧の表れた記事でした。