読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住めば都

気が向いたら、好きな俳優、観劇記録や日常ごとを独断と偏見に満ちた表現で書き散らかしています。思考が合わないかたはごめんなさい。

暗殺教室@新宿ピカデリー 3月29日

ころせんせーの声を二宮さんがあてているので、彼目当てで行きました。 表面上は先生がタコ型生物ですけど学園もの、SFの要素もあるのでCG多用。 映画『暗殺教室』公式サイトwww.ansatsu-movie.com ぬるふふふ…ころせんせーが動きはマッハ20で情にあつく、…

オリエント急行殺人事件 1月11日、12日

観たら観ただけの楽しみが随所にちりばめられている話でした。 ミステリを好きだというひとなら、一度は読んだことがあるアガサ・クリスティ原作のオリエント急行殺人事件を三谷幸喜が脚色、フジテレビ開局55周年記念のドラマです。オールスターキャストっ…

へっぽこ 第11回

プラトニックのあとでこれか!と自分でも思うけれど、書いておきたい。 後半、卒業式のあと部室で15分くらい二宮さん演じる青志先生が野球部員一人ひとり順番に語りかける場面がある。それこそ、このへっぽこでははっきり演出として避けてきたであろう金八先…

へっぽこ 第10回

これ含め2回。勝てるし負けるのだ。へっぽこたちは堂学との試合で自分たちが考える野球をやってきっちり負けたことが、人生のうえでとてつもなく貴重な経験だったことが10年後くらいにわかるよ。負けて泣けるくらい仮説をたてて実験(練習)、考察をした…

へっぽこ 第9回

脚本家は、やはり変わってしまったようだ。前半に広げた谷内田とのやりとりは、回収されないままなのかしら。本人のトラウマ映像脳内再生中、をドラマだから一部回想シーンとしてプラスαして作ってみせただけ、なのかしら。 武宮高校が一つ目のハードルとし…

へっぽこ 第8回

ここまでで一番わかりやすく起伏があり観やすい回。脚本家が今までと違っていた。 最初から複数の脚本家でやる、ということでない場合は、なんというか、ちょっと内部でのあれこれがあった場合が多いね。今回はどうかな。 このドラマを最初から「見守る」ス…

へっぽこ 第7回とSODA

たまに挟まる二宮さんの素振りは実は出演者の中では一番まともで、私にとってはサービスショットのこのドラマ。上半身脱いだりするのがすべてのひとにとってのサービスではないのです。野球がヘタな設定なのに、素振りはきちんと出来ているこの矛盾を楽しむ…

へっぽこ 第5回 &ガイドパーソン

テレビ誌映画雑誌、最近値段高く感じるよ…。二宮さん祭でたくさん買ってしまうから?(笑) アイドル誌ではない体で、しかし出版されている雑誌はグラビアページがたくさん。パーソンだけ槍玉にあげるつもりはないです。二宮さんだけが欲しい当方としましては…

へっぽこ 第4回

一昔前のテレビドラマの再放送を見ると、画像の粗さとともに、えっ?こんなゆっくりな芝居のテンポなの?話がなかなか本線に行かないね、と思っている自分がいます。すぐわかる何かを欲して焦っているような…。大体10回程度の連続ドラマだったら、最初こうな…

へっぽこ 第3回

楽しくみています。土曜九時の枠を意識していると雑誌のインタビューでも答えていたように、見やすいねぇ。ただファン以外の一般視聴者受けするかどうかは、わからない。私は贔屓目だしね。今の作りだと、半沢のような大げさなものを期待されると肩すかしか…

「弱くても勝てます」へっぽこ第2回

海沿いの道路から見えることで有名な小田原提灯が映ったよ! この提灯は使わない時は折り畳める。江戸時代、小田原提灯は旅人には欠かせないものだったはず。 コメディっていいな。頭脳明晰で言葉がどんどん出てくるタイプが主人公だから、言葉の応酬ででき…

「弱くても勝てます」へっぽこ第1回

待ち過ぎて、首がどこまで伸びたの?3年半ぶりの二宮さん連続ドラマの初回。 野球、学園ドラマと言えばタッチ!という世代で、薬師丸ひろ子さんが演じる喫茶店主人の店の名前が「サザンウインド」。懐かしい。娘は有村さん。 地方の進学校は歴史があって共…